≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


平成22年度第7回全日本ウエイトリフティング選抜大会が埼玉県で行われました。

本学より原田恭歩、古賀翔太の二名が出場をした。
今回、試合の目的は今年から本学で心理学を専門にされておられる芝垣先生(教授)のご協力により試合時にいかに有効に緊張をプラスに転じるかという研究を行ってきた、最初の試合でその効果を試した。

今までと違う雰囲気で余裕の試合前古賀余裕
竹内
余裕のセコンド竹内君
古賀君少しふらつきながら109Kスナッチ2回成功
古賀スナッチ
原田君アップは不安いっぱいでしたがさすが本番に強い
原田スナッチ
三回成功さすがです。112K
さて、不安を克服できるか古賀君
古賀クリーン
今まで見たことがないような余裕な演技でした。
さすがに、心理の先生、研究は素晴らしい、人が変わったようです。3回成功144K
古賀ジャーク2
今まで5回成功は自己新だそうです。原田君余裕ありすぎて、1回目に失敗したが、最後に144K挙げ4位に入賞した。個人戦では優勝だ
原田クリーン
課題のクリーンですが、今一
ジャークは素晴らしいこれで余裕
ジャーク原田
スポンサーサイト


この記事へコメントする















ウエイトリフティング

Author:ウエイトリフティング
第50回西日本学生ウエイトリフティング大学対抗戦が大阪府羽曳野市で7月9日(金)~11日(日)に行われ本学より女子を含め23名が出場した。伊藤奈央が48K級で優勝、波平椎奈が4位になり、
男子は団体では4位だが、全員自己新記録を挙げ、10月の全日本インカレでは1部残留を全員で願望をしている。105K竹内(3年)、中山(2年)に表彰台に上がった。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

-天気予報コム- -FC2-
すばらしい写真
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。